突然ですが
f0108332_3301191.jpg




f0108332_1121489.gif

それは本当に突然で、長年自分が思い描いてきたものとはかけ離れたものでしたが二人ともとってもとってもハッピーです。

本当はイギリスで来年挙式の予定が私のビザが拒否された事をきっかけに「結婚しよう」となり、(←プロポーズはこれじゃありませんよ☆笑)彼女じゃなく、妻としてイギリスに行くことになりました。

結婚決めた次の日にトロントのブロアストリートで結婚指輪を探し合間を縫って友達に電話、「明日結婚式するねん、来れそう?」「えっ、結婚式?えー結婚するのー?うそーおめでとー明日ー!??」て感じで。(笑)24時間切っての急なインヴィテーションにも友人達は駆けつけてくれました。Dちゃんの大学時代の友人が全員揃ったのにはちょっとびっくり。男の友情なんかよかったです。

指輪を購入後、結婚式後の友人を招いてのランチの場所を何軒か探し回り二人が気に入ったのはとっても素敵なイギリス系の場所、早速予約。タイレストランでディナーを終えた後ブーケを求めて捜し歩き、でも夜9時回っていたのでなかなか見つからず結局いつもの行きつけのスーパーに入っているお花やさんにダメもとで行くと。

ラッキー☆ブーケを作るのがとても上手な女の子がいたんです♪閉店10分前だったのにきちんときれいに丁寧に作ってくれ(Dちゃんのコサージュも☆)それはなかなかプロフェッショナルな出来でした。(上記写真)

挙式はトロントのシティホールで。お花も沢山飾られていて想像していたより感動x感動でした。神父さんもとても温かそうな方でひとつひとつおっしゃられた言葉を心の中に刻みました。

もちろんウェディングドレスもなかったんですよ。(笑)当日着たのは薄いピンクの結婚式(出席)用のドレス&ショール。ブーケはお洋服に合うように前の晩に選んだちょっと濃い目のピンクのバラ。ヘアカットもブライダルエステももちろんダイエットなんて間に合いませんでしたが、こういうウェディング、私は嬉しかったです。

でも何より一番よかったのはやっぱり結婚してよかったこと。私の両親や兄弟(姉妹)を初め、Dちゃんの家族も皆とても祝福してくれました。私達の中でも夫婦としての言葉には表現できないようなほっとしたようなでもこれから又新たなスタートのような嬉しいような緊張するような幸せいっぱいの気持ちで満ちています。

f0108332_4321742.jpg

皆様、結婚後も(って何も変わっていませんが、笑)
どうぞよろしくお願いいたします。

PS: ご無沙汰している間、温かいメールを下さった方々、気を使ってメールやメッセージを敢て控えて下さった方々、毎日ちょこちょこ様子を見に来てくださった方々、
どうもありがとうございました。
f0108332_1121489.gif

[PR]
by halina | 2006-10-13 05:09 | + はじめまして
<< デトロイトからのチョコとジャム Bye Canada for now >>