2015年夏 日本(食べ物編)
f0108332_14072376.jpg
子供達が日本で楽しみにしていたのは、もちろんここのドーナッツ。今回も見かける度に寄ってきました。
f0108332_14073071.jpg
2人であれやこれやと、騒がしいです。ママとパパの分も取ってくれます。(っていうか取りたい子供達)
f0108332_14073442.jpg
皆のお気に入りは大体いつもこんな感じ。Dちゃんはダイエットのため(?)1つだけ〜。でも彼の大好きなポンデリング〜。お餅とあんこ入りだったかな?

かっちゃんは苺チョコ、りーちゃんは抹茶チョコ、私はオールドファッションチョコにきなこポンデリングだったかな?
f0108332_14073816.jpg
帰る度に寄るたいやき屋さん。かっちゃんは私と同じカスタード。りーちゃんはあんこ。出来立てはまだかりっとしていて美味しいね〜!昔50円だったのに、今は110円!
f0108332_14074267.jpg
暑かったので、アイスクリームもたまに食べました。りーちゃんはオレンジジュースバーのようなもの。かっちゃんはピノ。暑くてすぐ溶けちゃうので毎回急いで食べましたよ。(笑)
f0108332_14074631.jpg
梅田のポケモンセンターの近くにあったサンマルク。OL時代以来?(久しぶりでした、笑)子供達も出来立てパンを欲張っていくつも食べていました。
f0108332_14074989.jpg
今回の滞在で2人が気に入ったお子様ランチ。あるレストランでは「お子ちゃまランチ」となっていました。(でもオーダーしました)
f0108332_14075291.jpg
ここは私が祖母に連れられてよく行っていた中華そば屋さん。まだ営業しているなんて奇跡、と帰る度に思います。おそばを焼いているおじさん、ウェイトレスのおばさんも未だに同じ方達です。
f0108332_14080233.jpg
まるで祖母がまだ生きているように感じるこのお店。今回も1人で何回か行きました。値段も400円。(昔は確か300円だったような)
f0108332_14080631.jpg
「ここのチャーシューはいつもすごく小さいね〜。でもすごく美味しいね〜。」と食べる度に言っていた祖母。チャーシューを食べる前に、また私の隣りで語ってくれているように感じます。

ここのスープは、今まで食べたどのラーメンのスープとも違う独特の味。昔から変わっていません。もし機会があったら寄ってあげてください。

☆お店情報☆ 江洋軒
住 所:兵庫県明石市桜町11-15
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間:9:30~20:15
f0108332_14080942.jpg
ちらっとカレンダーを見て、もう平成27年なんだ、と感じました。その下に小さく見えた昭和90年!!うわ〜。もうどこから見てもおばさんや〜。。
f0108332_14081362.jpg
地元をふらっと歩く時にはいつも買ってしまう、たい焼き。昔から絶対カスタード。熱々のカスタードがたまりません。長年食べていますが、この日のにはたまごの殻が!当たり!何か良い事あるかな〜。
f0108332_14081764.jpg
実家のお好み焼きもなかなか美味しいです。帰る度に作ってくれます。豚とイカとこんにゃくがたっぷり。山芋もすって入れてあるので、生地もふわっとやわらかめ。
f0108332_14082210.jpg
母がりーちゃんの為にお誕生日ケーキを作ってくれました。よかったね〜!ありがとうお母さん。
f0108332_14082611.jpg
お友達がしているお好み焼き屋さんにも何回か友達と行きました。母子家庭になってからは(アパートに引っ越してからは)子供達とも一度行きましたよ。
f0108332_14083087.jpg
ここは魚の棚にあるお好み焼き屋さん。高校生の時によく行きました。あまりの汚さに最初りーちゃんの顔は青ざめていました。子供達は自分で生地を流して、ひっくり返して作るのはこれが初めて。

こういう時かっちゃんは度胸があります。躊躇することもなくぱぱっと手際良く焼いていました。りーちゃんはちょっと心配性。「あ〜!」とひっくり返す時に半分に折れちゃいましたが、でも最後にはちゃんとしたお好み焼きになって二人共笑顔で食べてくれましたよ。おソースをつけたり、青のりやかつおの粉をかけたりも楽しかった様です。
f0108332_14083484.jpg
それにしてもこの時代にぶた玉が330円とは。昔は確か200円でソフトクリームは50円でした。ソフトクリームは今はもうしていませんでした。ここのぶた玉はとにかく豚が大きくて数も多いです。食べごたえ有り!

こういうのってB級グルメって言うのかしら?

☆お店情報 あさひ
明石市魚の棚(真ん中ら辺から南に入った筋だったかしら?)
f0108332_14083830.jpg
そして、ここも祖母によく連れて行ってもらったお店です。まだあってよかった!今年で創業100年だそうです。すごーい。子供達はざるそばにおそうめん。そしてなぜか「焼きもち」をトッピングのメニューで発見してしまって、「焼きもち食べたーい」と言われ、お願いしたら個別に作ってくれました。よかったね〜。

それにしても炭水化物だけのこの日のお夕飯です。。
f0108332_14084259.jpg
私はきつねうどん。お食事は頂いた記憶がなかったので、この日に食べたいなと思ったのがこちら。お揚げは今まで食べた事ないような分厚くてジューシーなお揚げでした。まるでお豆腐が多めに入っているような感じ。

おうどんは細めで食べ易かったです。おつるは関西風のちょっと甘めの優しい味。ほっとしました。
f0108332_14084692.jpg
こちらが祖母とよく半分こしていた宇治金。あんこが中に隠れているんですよ。お抹茶はとっても濃いくてしっかりした味です。(半分シロップで割ってあるのは好きではありません〜)
f0108332_14085070.jpg
お店の前。風流です。

☆お店情報☆ こかく
明石魚の棚西口を出て、道路を渡ってすぐ南側。
f0108332_14085571.jpg
こかくの近くを歩いていたら、和菓子屋さんが出て来たので、大きな栗まんじゅうをみんなでガブリ☆ 写真は魚の棚西口入り口です。
f0108332_14090076.jpg
今回はなぜか食べても食べても太らず痩せる一方で。。体重計が壊れているのかなと思ったくらい。46キロ代は久しぶりだったので、記念にパチリ。もうお目にかかることは一生ないでしょう〜!!サラバ〜!

で、元々食べるの好きなので食べまくりました!!(案の定東京に着いた頃には体重は元に戻ってしまいました〜☆チャンチャン!)
f0108332_14090415.jpg
引き続き明石のお店です。こちらも帰ったらいつも行くお店。高いのでいつも1人で行きます。(笑)
f0108332_14090855.jpg
昔懐かしいこのお醤油差しに爪楊枝入れ。お醤油の小皿までも昔のまま。
f0108332_14091269.jpg
いつも別に頼む赤出し。ジュンサイが大好きです。
f0108332_14091683.jpg
そしてこの穴子寿司。懐かしい味です。
f0108332_14092048.jpg
そしておこうこ巻き。紫蘇と穴子も入っていて、とても香り高いです。ふわっと作ってある所がさすが、です。
f0108332_14092428.jpg
お魚はどれも「ん〜」とうなってしまう(心の中で)味、そして食感。回転寿しと全然違う〜!!!!!
f0108332_14092868.jpg
旬の「はも」と梅肉。蛸は食べ易く切り込みが入れられていました。どれもほわほわで柔らかい〜。

1人で行くのでいつも座るのはカウンター。祖父がいつも座っていた席やら、幼い私が座っていた席、祖母が座っていた席などに大体座ります。

そしてまた祖父母と一緒に来た幼い頃の記憶が蘇って来て、お寿司が出来るまでの時間も、一口ずつお寿司を頂いている時もなぜか涙が込み上げて来そうになってきて、必死で押さえています。

私は祖父母に大切にしてもらっていたんだな、と感謝の気持ちでいっぱいになります。愛されていたと感じるとき程幸せに感じる事はありません。

断片ずつだけど、未だに鮮明に覚えている幼い頃の記憶。それらを体感したくて私はこうやって明石に戻ると祖父母と行ったお墓参りの場所や道、階段、連れて行ってもらったお店にどうしても足が向いてしまうのだろうと思いました。
f0108332_14094830.jpg
さて、明石では蛸が有名。父のお友達のタコ釣り名人の方が何回か採れたての蛸を持って来てくださいましたよ。塩でよく洗って、さっと茹でます。とっても柔らかくて、塩の味がしていて、やっぱり美味しいです。
f0108332_14095357.jpg
父が釣って来たベラの塩焼き。祖母が大好きだったお魚の1つです。釣れたてのお魚を頂くって贅沢ですね。私は白身の部分も好きですが、皮も好きです。かっちゃんもはまっていて何匹も食べていました。
f0108332_14095643.jpg
潮干狩りへの途中。「静」と感じた風景。
f0108332_14100128.jpg
お家のお庭にいた蛾の幼虫。この目はカモフラージュで、本当の目ではなく、模様だそうですよ。(天敵に襲われない様に、怖そうな模様になったと言うわけです)
f0108332_14100442.jpg
京都への行きしなに電車の中から見えた雲。かっちゃんが「ママ、龍だよ、写真撮って!」と。アニメちっくな龍かな?
f0108332_14101816.jpg
今回の滞在でボランティアをしてきました。夜間に無料英会話教室を週に2回開いたり、それから母校の高校で、英語のスピーチも。皆目がキラキラしていてすごかったです。若いっていいですね〜。(真ん中のおばちゃんが私です)
f0108332_14102223.jpg
後は、私立小学校&幼稚園に通われているお宅にも、2家族合同で英会話を教えて来ました。小さい子供さんに教えるのは、また違った意味で難しいですね〜。でもりーちゃんが少し手伝ってくれたので、助かりました。(子供は子供に教えてもらうのが一番良い様です、笑)

と、今年はこんな感じの日本での夏休みでした。子供達にとって初めて過ごす長期の日本滞在、とっても楽しかった様で、「日本に住みたーい!!」と最後せがまれました。お友達も出来たし、学校にも馴染んだし、そうよね〜、私も住みたくなって来たかな。便利だし、美味しいし、楽しいもんね〜。

子供達が日本で習った言葉、「イケメン」「男前」

よく日本で「イケメン」ね、と言われても「???」だった2人です。
「男前」ね、と言われたときは、あとでこっそり「ママ、男前って当たり前だよね〜、僕おとこだもんね〜」でした。(笑)

りーちゃんはかなりヘビーな関西弁(明石弁?)になって、それもまた覚えたてのような言い方なので、ちょっと変で面白いです。関東弁の人がわざと関西弁で話している様な、そんな感じです。

かっちゃんは「りーちゃん、また関西弁になってる〜」とつっこんでいます。私はロンドンで関東のお友達が多かったせいか、あまり関西弁が出てないそうで(否、かなり出ていますが、担任の先生によると)、「お母さん、関西弁がきれいすぎちゃいますの〜?」と面談で言われてしまいました。

どうやら子供達は、学習能力はかなり高い(と言われただけで、私は別にそう思っていませんが)ようで、生活能力(言語面で)が低いそうです。伝わらない言葉は、他の言葉に置き換えて、説明してくれたそうです。

ほかす=捨てる、とか、しまう=片付ける、等。私が使ってなかったのかな??でもまあ、こういう面で日本の小学校を体験出来てよかったと思います。

ドラえもんを見ていて、日本でテストで100点取ると良い、と思ったそうで、勝手に「テストで100点取ったら回転寿しに連れて行ってね」と私の両親に頼んでいたようで、二人共国語と算数はほぼ毎回100点で帰って来ました。

公立なのでレベルが低かったのか、うちの子達ががんばったのかは定かではありませんが、私は2人はがんばったと思います!それにしても日本の小学校はテストをかなり頻繁にするんですね〜。宿題も本読みも計算カードも毎日あるしびっくりでした。

結局回転寿しには3回連れて行ってもらい、大満足の2人でした。また来年(本当は2年毎だけど)帰れるかな、と密かに子供達と相談している私です。(笑)さてハリナ家の夏休み編ブログに長々とおつきあい頂きありがとうございました!日本の方々は引き続き残りの夏休みを楽しんでくださいね!他の国の方々は、新学期がんばってくださいね!実は我が家も今日から学校が始まりました。詳しくは後日アップしまーす。





[PR]
by halina | 2015-08-19 14:40
<< サイクリング @ Golden... 2015年夏 日本(東京観光編) >>