<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2014年 イースター
f0108332_142149.jpg
こんにちわ。ハリナ家では今年もイースターをお祝いしましたよ。子供達にとっては人生2回目のエッグハンティング。初回はイギリスでお友達のお家で一緒にさせて頂きました。だいたい要領がわかったので今年はDちゃんとプラスティックケースの卵を30個程お庭に隠しましたよ。

f0108332_1422377.jpg
写真はエッグハンティングの後に中身を見せ合いっこしている子供達。小さな卵に入るおもちゃやお菓子がなかなか見つかりませんでしたが、お土産用のスイスチョコレートのように一つ一つ包装されているジャーマンチョコレートと昔不二家にあったような渦巻きのキャラメル(知っている人いるかしら?調べてみると名前はノースキャロライナで1994年頃を最後に製造・販売を終了だそうです、懐かしい)、後は凍らせるおもちゃを入れました。

この後2個どこへ隠したか思い出せず、Dちゃん自身がエッグハンティングする事に。。(笑)

そしてかっちゃんは学校でもエッグハンティングがあり、それはそれは楽しかったそうですよ。イベントが大好きな学校で、その後に必ずパーティーがあります。お勉強だけでなく季節のイベントも楽しみながら迎えられいいなと思います。

f0108332_1410127.jpg
パーティーの食べ物は親が個々持参です。私は鳥の巣を作りましたよ。子供達にとっても好評だったそうです♪もちろんりーちゃん用に1つ余分に作りましたよ。おやつの時間に喜んで食べてくれました。

f0108332_14103569.jpg
さて話はまた我が家に戻り、今年はDちゃん少々お疲れでチキンの丸焼きはギブアップ。私がバトンタッチでスコッチエッグを作りました。初めて(!!)でしたが皆美味しいと言って食べてくれました。

f0108332_1425141.jpg
そしてデザートはロールケーキ。卵型のチョコを上に乗せましたよ。久しぶりにケーキを焼きました。

f0108332_1432355.jpg
さてこちらのお店。どこでしょう?先日アップしたスムージーかこちらかに毎週補習校の帰り直行しております。。

f0108332_1435855.jpg
自分で好きな味のフローズンヨーグルトを好きなだけ入れ。

f0108332_1441357.jpg
そして好きなトッピングを好きなだけ入れられるという、子供達大興奮の場所です。

f0108332_1442580.jpg
ああ、なのでこんな結果に。。子供達のトッピングはお菓子だらけです。ちなみに私のトッピングはマンゴー1切れとナタデココ数個。重さによって値段が決まります。(貧乏性の私は重いトッピングを本能的に避けてしまいます、笑)

f0108332_1443955.jpg
でもこんな嬉しそうな2人の顔を見ていたら「補習校よくがんばったね〜」とご褒美してあげたくなります。りーちゃんはこの後1週間分の宿題全部を帰ってからすることになっているので。。もちろんかっちゃんも小1からね!

f0108332_1445152.jpg
さて週末はお家から車で10分程の所にある湖に行って来ました。Dちゃんの会社のすぐ横だそうです。

f0108332_145477.jpg
子供達が頑張って漕いだり途中Dちゃんが助けに入ったり。私は日傘の中で優雅に写真を撮ったりで「ママだけ、いーな」なんて言われていました。

f0108332_1451811.jpg
かっちゃんのリクエストで岸の近くまで来ました。着くなり一目散に網を水の中に入れ何かを探しているかっちゃん。

f0108332_146146.jpg
何と大きな貝がたくさんありました。はまぐりにそっくり!この湖は海に繋がっているのです。

f0108332_145347.jpg
ほら小鳥の雛。見えますか?カモフラージュしていますね。日本語ではあまり使わないカモフラージュと言う言葉。動物の世界ではよく使われるそうでかっちゃんから教えてもらいました。

f0108332_1462552.jpg
そしてかっちゃんが大好きなダーウィンの本に載っていたような気がするこの鳥。くちばしがとても細くて長いのは虫を捕って食べる為、だったかしら?

f0108332_1464298.jpg
そんな彼がここ2ヶ月程毎日2、3枚描き続けているのは海の中の生き物。いつも自分の好きな本を持って来て魚を見ながら描いています。真ん中はライオンフィッシュかな?

私から見たら何かわからない物でも、彼の描く生き物は1つ1つちゃんと意味があって名前があって、なので小さくたくさん描く事もあれば、色んな色を使って描く事もあるよう。なるべく覚えていてあげられる様いつも紙の裏にその日の日付と何を描いたかを記しています。この膨大な量のお絵描き、大人になって見た時どう思うか楽しみね。

f0108332_1465524.jpg
子供達から教えてもらう事が最近増えて来たような気がします。どんな二人になるのか少し想像できますけれどこれから楽しみです。
[PR]
by halina | 2014-04-30 14:06 | + アメリカの暮らし
りーちゃん一年生☆かっちゃん年長さん
f0108332_14391263.jpg
皆様、お元気ですか?ハリナ家では4月5日にりーちゃんの入学式がありました。やっとぴっかぴかの一年生です。何だかいつの間にか背も高い方になっているし、コラショ(ベネッセ)も一年生のこくご&さんすうをやり終えたし、彼は随分前から一年生になるのをずっと待っていた感じでした。なので当日は本人もとっても、本当にとっても嬉しそうでした。

入学式の一週間前ぐらいから「今度の土曜日は入学式だよ、一年生になるよ、日本の学校に通って日本人の先生やお友達に会うんだよ」などと話していました。そして本人も「りーちゃん、どきどきしてきた〜」なんて言いながら楽しみにその日を待っていたんですよ。

実を言うと今回の引っ越しのお陰で、そして私もうっかりしていたので補習校に願書を出したのもギリギリで、最終面接に滑り込んだ感じでした。「無理かな、でももし無理だったら一年生になれないから可哀想だな、どうしよう、、」と不安の日々でしたが無事面接にも受かり、「合格」の通知が来た時はまるで大学入試の「合格」の様に飛び上がって喜んでしまいましたよ〜。いや〜、本当に嬉しかったです。

f0108332_14375710.jpg
そして今年から年長さんのかっちゃん。りーちゃんが通う補習校は何と幼稚部もあるのです。こちらもギリギリに願書を出し、いや、ギリギリと言うかもう抽選も過ぎているような時期だったのです。。この学年は志願者が多かった様で、抽選があったそうです。ダメ元で出すと面接のお知らせが。。こちらもダメ元でまあ9月頃から通う事が出来たらラッキーかなと思っていたところ、何と「合格通知」が!!!

あまりにもびっくりしたので、封筒の封を開いたとき「かっちゃーーーん、かっちゃーーーん!!!!!おめでとう〜!!!!!」と彼の居た所へ駆け込むと、そこはトイレでして彼はちょうどパ○ツを履くところでした。なのでそんな格好の所母親がぎゃーぎゃーと駆け込み、「おめでとう!おめでとう!よくやったね〜」とチューの連発だったので、彼は「えへへ」と立ったまま照れていました。(後でこのトイレでの一抹をDちゃんに言っていました)

それにしても定員59名中、応募の受付番号が71番目の中よくがんばりました、かっちゃん!何よりもお兄ちゃんと一緒に日本語の学校に行けるのがとても嬉しい様でした。そして私達夫婦も土曜日半日フリーと言う束の間が出来たので夫婦水入らずで、、いや今の所は銀行に用事があったり、支払いやら何やらと雑用ばかりですが、その後は近辺のレストランでランチを楽しんでいます。(笑)

f0108332_13265421.jpg
そして入学式の夜は手巻き寿司でお祝い。こちらには上トロなんかも日系スーパーで売っていて、本当に便利です。久しぶりの手巻き寿司美味しかったです☆

f0108332_13261681.jpg
こちらはその合格通知。

f0108332_13263096.jpg
そして、りーちゃんと同い年のお友達が卒園したとFBでアップしているのを見ていたら自分の息子が不憫になり。。と言うのもナーサリー組から幼稚園に約4年通っていて後1学期で卒園と言う所でアメリカに引っ越しだったので、、、お母さんが卒園証書を作りましたよ!

卒園する幼稚園名を○○(私の旧姓)幼稚園にしたので、「えっ、そんな幼稚園に通っていたの!?」「お母さんがお勉強教えてあげたからよ(笑)」なんて感じの卒園式になりましたが、それでも日本語のお勉強をがんばった記念にやっぱりお祝いしてあげたかったのです。こんな手作り卒園証書ですが息子は喜んでくれまたそれにも感動してしまいました。

まだ年長さんだったのに、一年生の漢字やら長文読解もよくめげずにがんばったよ!赤ペンせんせいも一年間ちゃんと提出出来てよくがんばったよ!算数は毎回ほぼ100点でよくできていたよ!(りーちゃんは実は最初のちょっとした手違いで一年先の教材を申し込んでしまったのです)

お母さんは今の気持ちを忘れたくないから、かわいいりーちゃんをとっても誇りに思っているからその気持ちをここに記しておくね。

f0108332_13382736.jpg
さて入学式の日は小学部と幼稚部でほぼ一日学校に居たので疲れて家に着くととてもきれいなお花が花瓶に入ってお玄関の前においてありました。義両親から少し早いお誕生日プレゼントでした。

f0108332_1354725.jpg
入学式の次の日の日曜日に少し早い私のお誕生日パーティーを家族がしてくれました。まずはりーちゃん、いつものチケット売り場で待っています。(2月28日に一年振りに上の歯が抜けたので今歯抜けです、笑)

f0108332_13543558.jpg
今日のチケットはママのお誕生日パーティーと英語で書かれてありました。無料です。(笑)

f0108332_13545411.jpg
そしてお楽しみ会のようなこれは、まずは缶当てから始まりました。テニスボールを転がして缶を倒すのです。かっちゃんと交替で楽しみながらしましたよ。

f0108332_13551339.jpg
そしてお次はこちら。りーちゃんに「ママ、この間に入って」と言われ入ったものの少し窮屈で(彼が自分の小さな体で試していたので)むぎゅむぎゅと押し込ませて頂き、じゃーん。上のネットから紙吹雪と一緒に「ママ〜、お誕生日おめでとう〜」とかわいい声で言ってくれました。

これには私もきゃ〜となり、童心に戻ったような笑顔で喜びました。数日前から「ママのお誕生日会の準備があるからゴミもらっていい?」「え〜、ママのお誕生日会ゴミでするの??」「きれいなゴミだから大丈夫だよ」と半信半疑なお誕生日会でしたが、彼の言う通りきれいなゴミのお誕生日会でした。(笑)

それにしてもこの大量の紙きれ。毎日夕方お勉強とヴァイオリンの練習が終わり、お夕飯までの少しの遊びの時間に気温が低いガレージに籠って一人でもくもく切っていたかと思うと胸がきゅんとなりました。。本当にありがとう、りーちゃん。今まで生きて来た中で一番嬉しかったお誕生日会でした。お母さんは幸せ者です。

f0108332_1355324.jpg

[PR]
by halina | 2014-04-20 14:11 | + アメリカの暮らし