Monterey Bay Aquarium モントレー湾水族館
f0108332_1519638.jpg
2日目は前々から子供達を連れて行ってあげたいと思っていたカリフォルニアで1番良いと言われているモントレー湾水族館に行って来ましたよ。

かっちゃんは(どうしても欲しかった、笑)蛸のぬいぐるみと嬉しそうにパチリ。

f0108332_14564775.jpg
まずは水族館名物のジャイアントケルプ(巨大昆布)でお出迎え。全長6Mだそう。上から太陽の光が入る様になっていてとてもきれいでした。

f0108332_155953.jpg
そして周辺の海に生息している海藻を触ったり、この辺りでは有名なラッコを見たり、

f0108332_14563185.jpg
沼地の事も詳しく説明されていました。左から2番目の貝は150年もかけて長く伸びているそう。地上からは口(?)だけ見えます。

f0108332_14562211.jpg
そして大波の中にいる体験もできたり、

f0108332_14574657.jpg
絶滅の危機にあるまぐろの種類も学んだり、

f0108332_1457112.jpg
ブルーフィンのまぐろの数が減って来ている様です。

f0108332_14561429.jpg
海中に潜ぐる体験をしたり、大型の魚から小型の魚の餌のショー(これがまたすごい!)を見たり、救助されたラッコの赤ちゃんが野生に返っていく映画を解説付きで見たり、

みちろん、有名なクラゲのコレクションやら蛸&イカのコレクション、そして海の魚達がどういう理由で死んでしまうのか(汚染やバイキャッチ bycatchなど)、普段はお目にかかれないような深海のとても小さな微生物、珍しい貝のコレクション、エイの卵の中に窓があって孵化するまでの様子(エイリアンのようでした)が見れたり、書ききれないくらい色々な種類の内容がありましたよ。

f0108332_14553421.jpg
では水槽の中を少し。まずは水族館名物の蛸。動きが速過ぎて撮影が大変でした。とても鮮やかな赤の色〜☆

f0108332_14552634.jpg
マンボウとイワシ。マンボウはサメ以外の魚の中で一番大きいんですって。

f0108332_14552036.jpg
コウイカ。(=cuttlefish を知らない私に「ママ、cuttlefishは蛸とイカの真ん中だよ」と教えてくれたかっちゃん)本当そんな感じでした。

f0108332_14551113.jpg
そしてとてもとても小さな生き物。電気で青やピンクや黄色の光を出すんですよ〜。

f0108332_1455718.jpg
オウムガイ。アンモナイトと似ているので生きた化石と言われていますが、実はイカに近いそう。かなりの数のコレクションにびっくりしました。

f0108332_14541683.jpg
最後はかっちゃんがどうしてもパフィンを見たいという事で。1羽が2人の近くに来てくれました。

質問されました。「ママ、パフィンは何が3つ出来ると思う?」答えは「飛ぶ、泳ぐ、歩く」「ペンギンは泳ぐと歩くだけだもんね〜」と嬉しそうでした。

缶詰工場をパッカー氏(HP)が改装したと言うこの水族館は外観は全然ゴージャスではないので(工場風)果たして?と思っていたのですが、噂通りとても立派な水族館でした。

子供達が触って学べるようにほぼ全部タッチパネルで説明が出る様になっていました。IT化された内容にりーちゃんも興味津々で楽しめた様です。

私的には海洋生物の展示デザインがすっきりとまた所々博物館の様におしゃれで気に入りました。トイレのペーパータオルの所にも「リサイクルペーパーだけど元は木から作られているので大切に」と言う様な一言が記してあったり。

魚達を適当に見せて、アシカやイルカのショー、記念写真に遊園地が隣接と言ったもののとかなり違います。海の生物を今まで以上にとても身近に感じ、彼らの生きている環境を大切にしようと思いました。

f0108332_1453399.jpg
外に出るとアザラシ達が顔を出してくれていました。野生の生き物がこんなに近くにいるってこんなにも嬉しく感じるものなのですね。

今までどの国&町でも旅行に行く度に動物園&水族館付きの我が家でしたが、最近になってやーっと私自身もこのパターンを楽しめる様になりました。それにしても今日は4時間歩きっぱなし!よく歩いたね〜。
[PR]
by halina | 2014-08-13 12:50 | + 小旅行 & 週末
<< かっちゃん アメリカに来てから... Big Sur ビッグサー >>